遺伝と諦めずにフィンペシアで治療しよう

ハゲは遺伝するとよく言いますが、実際に薄毛やハゲになる人の1/4は遺伝によるものだとされています。
調査では両親ともにハゲていると子供がハゲになる確率は75%程度で、片親がハゲていると子供がハゲる確率は50%、とくに母方の家系に男性型脱毛症・AGAの人がいる場合は要注意のようです。
ですが、遺伝による影響が大きいと言っても、身内にAGAの人がいるからと言って必ずしもハゲるというワケではないので安心して下さい。
遺伝的にハゲやすい体質だというだけで、生活習慣の改善や頭皮ケア、ストレス発散などを心がけることで防げる場合もあるのです。
ですが、それでも遺伝の力が大きすぎた場合、やっぱり遺伝には勝てないんだと諦める前にフィンペシアを使ってみてはいかがでしょうか。

AGAの人は脱毛の原因物質ジヒドロテストステロンを生産するのに欠かせない5αリダクターゼの量が多かったり、働きが人よりも活発だったりします。
そのため、大量のジヒドロテストステロンが作られ、皮脂の分泌が過剰になって毛穴をふさいでしまったり、毛母細胞の活動が阻害されて抜け毛が増えるといったAGAの症状が現れてしまうのです。
フィンペシアの主成分であるフィナステリドは、その5αリダクターゼに働きかけ、ジヒドロテストステロンの生産を抑えてくれますから、毛髪の成長を正常化し抜け毛を通常どおりに戻してくれます。
フィンペシアの服用方法は、毎日1回同じ時間帯に0.5mg~1.0mgを水などで飲みます。

同じ時間帯に飲まないと血中の濃度を一定に保てませんし、飲み忘れ防止のためにも決まった時間に飲む習慣をつけましょう。
個人差がありますが、だいたい3ヶ月から6ヶ月程度飲み続けると、抜け毛が減ったなどの効果を実感できる人が多いです。
AGA治療は薄毛が進行する前に開始すると効果的で、それだけ短い期間で改善できます。
それというのも、フィンペシアには抜け毛を予防する効果しかありませんので、ヘアサイクルが正常化した後は自分の本来持つ発毛力に期待するしかありません。
もしくは、血管拡張作用で発毛を促進する外用薬ミノキシジルや、育毛剤などを併用するといいでしょう。
ですが、やはり頭皮環境を良くすることや、頭皮への刺激を減らし、髪の成長が十分に行われるように健康的な生活を送る事が重要です。

とくに睡眠時間は大切で、夜10時ごろから髪の成長を促す成長ホルモンが分泌され始めますから、その頃までには熟睡しているのがベストでしょう。

また、髪が成長しやすい状態にしても、髪の成長に必要なミネラル、たんぱく質、ビタミンのうち、どれか一つでも欠乏していれば良質な髪を作る事はできません。
健康な髪は毛根も丈夫で、仕事が忙しくて徹夜してしまったり、過度のストレスに晒された事が少し続いても、急に抜け毛が増えるという事態を予防してくれます。
フィンペシアによって抜け毛を減らしながらも、他の原因がないか確認し、丈夫な髪をつくるための努力をすれば、治療効果も高まるでしょう。